アイコン
十二大従星
十二大従星の意味合い
用数について
十二大従星の行動エネルギー量を「用数」と呼びます。
従星の用数が少なければ労力、時間をかけずにこの従星世界を自己のものとすることができますが、
用数が多ければ労力、時間ともに数に応じたものが必要となります。

天印星の[6]を平均点とすれば、天将星の[12]は普通の倍の労力、 時間を費やしてはじめて自分のものとすることができるわけです。
善悪は別として現実的な世界においての、自主的な実行力、実現力が測れる数とも言えます。
[10][11][12]のエネルギーは、独力で現実界を乗り切ることも可能です。
また用数が[5]以下であれば、精神的世界での力量発揮は大きいと言えます。
最低が天馳星の[1]で、最高が天将星の[12]です。
天馳星
多忙・分散・現実的・瞬間の大器・自らが動く「冥土への旅立ち(真空期)」
天報星
変転・変化・多芸・多才・評価が二分する・死を恐れない「生まれ変わり(胎児期)」
天印星
無心・人気・無抵抗の強さ・養子「周囲の運命を変える(赤子期)」
天貴星
保守・知性・気品・自意識・プライド・長子的「自己顕示の出発点(少年期)」
天恍星
多感・離郷・外明・内孤・無冠・帝王・曖昧さはなし「異世界への憧れ(思春期)」
天南星
若さ・不退・批判力・無鉄砲・多弁・爆発力「目的達成(青年期)」
天禄星
重厚・堅実・観察力・外素朴で内複雑・冒険をしない「長期展望(壮年期)」
天将星
強引・頑固・大器・帝王か落武者・影響力が大「自我意識(頭領期)」
天堂星
自制・引込み思案・引退した帝王・理性・老人物知り「深謀遠慮(老成期)」
天胡星
多感・直感力・夢想・無からの発想・懐古予見「時間からの解放(病床期)」
天極星
無為自然・平等・柔軟・哲学・霊感・動かず幸運を掴む「悟り(霊魂期)」
天庫星
凝り性・探究心・古風・反省・墓守・専門分野「一点集中(入墓期)」
宿命・運命にまつわる予備知識